放棄について知っておくべきことは何ですか?

公開: 2022-11-03

放棄とは、戻るつもりがないことを示唆するような方法で、人または場所を離れることです。 誰かが結婚などの重要な関係に参加するのをやめることを選択し、相手が望まれなくなったり、孤立していることに不満を感じたり、自分を捨てた人との関係を再構築できるかどうかわからなくなったりする.

結婚では、これは、一方の配偶者がパートナーの同意や意見なしに結婚を離れることを選択したことを意味します. たとえば、あなたの配偶者があなたを別の人に預け、経済的支援を提供しない場合、それは放棄と見なされます.

放棄の原因は何ですか?

放棄の原因は数え切れないほどあります。 一般的な原因は次のとおりです。

  • 乱用
  • 中毒と薬物使用
  • コミットできない
  • コミュニケーション能力の欠如
  • お互いに身体的危害

結婚放棄の結果は何ですか?

養育費の不足:多くのカップルにとって、結婚は子供を育てる手段であり、子供は結婚の結果です。 しかし、一方の配偶者がパートナーを捨てた場合、彼らが結婚するための法的根拠がもはや存在しないことは議論の余地があります. そのような場合、両親は、放棄されたパートナーから養育費を得るのに問題があるかもしれません.

家庭生活の混乱: 結婚は、多くの場合、そのメンバーに安全を提供し、子供を育て、配偶者間で経済的資源を共有する手段として機能する機関と見なされます. 配偶者の一方がパートナーを捨てると、この家族単位が崩壊し、パートナーが子供を育てて家族単位を維持することが難しくなります。 この見捨ては、見捨てられた配偶者がパートナーや大家族からの感情的なサポートを経験する能力にも影響を与えます。 パートナーに見捨てられた配偶者は、うつ病やその他の精神障害を発症するリスクが高くなります。

財産分与: 財産分与は、夫婦が別居または離婚する状況を指すために使用される用語です。 財産分与の目的は、結婚に対するそれぞれの貢献度に基づいて、各配偶者をできるだけ公平に扱うことです。 このプロセスがすべての状況で発生するわけではないことに注意することが重要です。 たとえば、共同財産の州では、配偶者の財産は、結婚中に取得したすべてのものが分割の対象となるなど、定義された一連の規則に従って離婚時に自動的に分割されます。 公平な分配状態では、そのような自動的な分割はありません。 裁判所は「公平な」分割を行います。 さらに、一部の法域では、財産を分割するための非常に特殊な規則を採用しています。

放棄の法的結果は何ですか?

しかし、遺棄には法的な影響があり、資産と負債の財産分割に大きな影響を与える可能性があります。 配偶者が夫婦の家を放棄した場合、放棄された配偶者は家を維持することができます。 しかし、遺棄された配偶者が遺棄された後もその財産に住み続けると、遺棄された配偶者はその財産に対する権利を失う可能性があります。 裁判所の主な関心事は、家に住む可能性のある未成年の子供たちの福祉です。

一方の親が引っ越して永久に去った後、未成年の子供が夫婦の家に住み続けた場合、その親は放棄の罪を犯し、家への権利を失う可能性があります. この場合、両親が夫婦の住居を放棄し、どちらの親も子供と一緒に住んでいない場合、どちらの親もその家の所有権を保持しません。 また、配偶者と子供を放棄した場合、あなたは不適格な親であることを示しており、離婚時に子供の親権や面会権が与えられない可能性があります.

婚姻放棄の場合はどうすればよいですか?

結婚の放棄の問題に直面している場合は、家族法弁護士の助言と指導を求める必要があります。 彼らは、合理的な金額の養育費または配偶者の養育費について配偶者と交渉するようアドバイスする場合があります。 これらの交渉のいくつかは、あなたがあなたの配偶者と友好的な関係にあることになる可能性があります. ただし、配偶者が交渉に応じたくない場合は、法廷に持ち込むのに適切な時期かもしれません。

家族法弁護士はどのような役割を果たしますか?

離婚手続きのお手伝い

家族法弁護士はまた、離婚時に自分の利益を守る最善の方法についてクライアントにアドバイスします。 彼らは、結婚と離婚に適用される法律に関する情報を提供し、弁護士を雇うか、それとも自分自身を代表することがあなたの最善の利益になるかについてアドバイスを提供することができます.

カップルが合意に達するのを助ける

家族法弁護士は、自分たちだけで合意に達することができない夫婦が、裁判制度を経由するのではなく、調停や仲裁を通じて紛争を解決するのを支援する役割も果たします. これにより、カップルは自分たちの財政を非公開に保ち、そのような問題についてほとんど経験のない裁判官や陪審員を巻き込むことなく問題を解決できます。

子育て計画の実施を支援する

子育て計画があり、一方の親がそれに従わない場合、家族法弁護士は、軽蔑の申し立てまたは変更の請願を提出することにより、計画の実施を支援できます。

養育費を得るのに役立ちます

家族法弁護士は、あなたが養育費と慰謝料を得るのを助けることができます. 彼らはまた、あなたに何が期待されているか、次に何をする必要があるかを知るために、離婚の書類作成を手伝ってくれます。 多くの人は、費用がかかりすぎたり、時間がかかりすぎたりすると考えて、弁護士を雇わないことを選択します。 ただし、弁護士を雇うと、すべてがスムーズかつ迅速に進むようになるため、長期的には時間を節約できます。

相手に離婚を迫ることができる

家族法弁護士は、あなたの配偶者があなたの結婚を放棄または拒否した場合、あなたが離婚するのを助けることができます. 場合によっては、子供の親権や面会交流の権利を得るのにも役立ちます。

重要ポイント

家庭裁判所の弁護士は、離婚に伴うさまざまな問題を解決するのに役立ちます。 彼らは、あなたが面会権を取得したり、ビジネスの資産を保護したり、子供の親権を争ったりするのを助けることができます. これらの問題のいずれかに苦しんでおり、自分の事件について弁護士に相談したい場合は、定評のある法律事務所を探してください。